8_胃酸を抑制する食べ物はどういったものがあるのか

胃を保護する成分としてビタミンUがありますが、それが含有されているものはどういったものがあるのかというと、ブロッコリー、レタス、アスパラなどに含まれており、胃潰瘍や十二指腸潰瘍から胃腸を守ってくれる栄養素となっています。ちなみにこのビタミンUというのは市販の胃腸薬にも使用されているほどであり、胃にストレスを感じやすいという方は胃の粘膜が弱くなり胃が傷つきやすいので積極的に摂取するといいでしょう。

 

さらに、このビタミンUというのは胃の血流を促進する働きがありますので、弱っている胃を活動的にしてくれますし、粘膜の活動を調整して強くすることができます。胃潰瘍の減少も実証されていますので、胃の悩みに対して必須のビタミン成分であるということを覚えておくといいでしょう。ちなみにビタミンUが豊富に含有されている野菜を毎日の食生活で積極的に摂取することによって胃を丈夫にすることが可能になります。

 

キャベツをはじめとしてあらゆる野菜にこのビタミンUが含有されていますが、そもそもどうして胃酸を抑制する必要があるのかということが疑問に思ってくるはずです。実は胃酸が増えてしまうと胃酸過多となってしまい逆流性食道炎などを引き起こしてしまいます。そうなると私生活にも大きく影響してきますので胃酸の量というのは整える必要がありますので、そういう場合にこの野菜を食べることによって抑制することが出来るということになります。積極的に摂取することをオススメします。