26_ビフィズス菌は胃酸で死んでも失われることはない

乳酸菌は整腸作用があるとして知られており、ヨーグルトやサプリメントなどもどんどん人気が高まっていますが、乳酸菌を摂取するというのは腸内環境に良いと一般的に言われているので免疫力や腸内環境に不安があったり健康志向の高い過多に人気です。

 

ただ、腸まで届く乳酸菌といったような謳い文句で胃腸のも負けないなんていることで胃酸で死滅してしまうものは摂取しない方がいいと勘違いしている方も多いです。もちろん、胃酸や消化酵素によって死滅してしまう乳酸菌が多いというのは事実ですが、乳酸菌が持つ働きというのはあらゆるものがあり死滅してしまっても効果があります。

 

人間が病気にならないのは免疫細胞が働いているということがありますが、乳酸菌が新でも免疫細胞を活性化させる働きがあれば摂取するのは非常にいいことになります。ですので死ぬから意味がないというのではなく積極的に摂取するようにしましょう。もちろん乳酸菌が配合されている商品というのはあらゆるものがありますので、自分に合うものをしっかりと吟味するということが重要になります。

 

さらに乳酸菌サプリというのはフェカリス菌というものがあり、これは体内のEC-12菌を取り出して加熱処理して殺菌した乳酸菌になります。フェカリス菌はわざと殺菌して死滅させている菌になりますが、免疫乳酸菌といわれているくらい免疫活性力が強いといわれておりビフィズス菌を増加させる働きもあるということを覚えておきましょう。